芳香系

一度にかなりたくさんの写真を撮って、気に入らなければ二度、三度撮って、写真をブログに載せていますが、カメラでは写せないものがありました。 にほんブログ村  濃い緑のしっかりした花弁で、シンプルに開花した原種リグリクスですが、残念ながら柑橘系の良い香りは私のカメラでは写すことが出来ません。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

データベース

 テーマに沿ったデータを集めて管理し、容易に検索、抽出などの再利用できるものをデータベースといいますが、ブログは私のクリスマスローズのデータベースです。 にほんブログ村  検索サイトに「ニャンミー ○○○」(○○○は三桁の数字)と入力すると、ブログの題名を「管理番号+品種名」としているので、開花の様子を瞬時に検索する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原種セルビクス

 バルカン半島のクロアチア、ボスニアなどに自生する原種トルカータスに対して、モンテネグロ、セルビアの南部系トルカータスをセルビクスと呼ぶそうです。 (921セルビア産セルビクス) にほんブログ村  2011年に、新橋さん、横山さん、村松さん達がバルカン半島へ行かれて採種されたものだそうで、播種されてから4、5年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪、雪、雪

 ようやく雪がやみ、一時的に晴れ間が見られた9日の新潟ですが、我が家の庭は雪が庭木にのったままの白い景色です。 (バラのアーチ) (フジの棚) にほんブログ村  北陸地方の記録的な大雪は、福井県の国道で続いていた車の立往生がようやく解消したようですが、3連休初日は雨の予報で新たな危険が心配です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒甘野菜

 冬の冷たい空気に野菜をあてて、甘みのある野菜をつくることを寒締め(かんじめ)といいますが、「寒甘(カンカン)野菜」と呼ばれることもあります。 にほんブログ村  爺の農舎に大量にストックしてある白菜、大根、キャベのほか、雪の下の畑に眠っている野菜たちも、この時期はたいへん甘くておいしいです。 にほんブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズ展

 クリスマスローズは、新潟市の「食と花の銘産品」となっていて、主産地の秋葉区ではあちらこちらでクリスマスローズの展示販売会が開かれます。 にほんブログ村  主に新潟市秋葉区の施設で開かれる、2018クリスマスローズ展は次のとおりです。 ○花夢里にいつ 2/3(土)~3/6(火)「クリスマスロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸い物体

 先日、全国でたいへん条件のよい皆既月食が見られましたが、我が家ではピエール・ド・ロンサールの枝の隙間に、満月のような丸い物体が浮かんでいました。 にほんブログ村  蜂の巣が地上部にある場合は、「コガタスズメバチ」か「キイロスズメバチ」のどちらかでしょうが、 バラ木の枝に巣があるので「コガタスズメバチ」の可能性が高いです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の構造

 クリスマスローズの花の中心部には雌しべがあり、その周りを雄しべが囲んでいますが、雌しべが先に成熟したあとに雄しべが展開して花粉を作ります。 (雌しべ) (雄しべ) にほんブログ村  花弁と呼んでいる部分は萼片(がくへん)で、本来の花弁は退化して蜜腺(ネキタリー)となり、代表的な模様の斑点はスポットと呼ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Simple

 クリスマスローズのシングル咲きは、まさに Simple is best の世界ですが、かなりの大株に育ったので花茎が十本以上出ています。 にほんブログ村  「シンプルな状態が一番いい」という意味の熟語ですが、クリスマスローズのシングル咲きは、私の口癖 Simple is beautiful です。 にほんブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルバ・メイディランド

 このバラはフェンスや壁面などに誘引するには最適なバラといえますが、アーチやパーゴラなどの水平面に咲かせるには一工夫必要です。 にほんブログ村  枝を水平に抑えるとどうしても押さえた枝から出る枝が上を向くので、1、2年は先端を切るだけで良いのですが、3年目はカットするだけでは花は咲いてくれません。 (作業前) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LSD

 LSDといっても、「だめ!ゼッタイ」の薬物ではなく、セミダブル(SD)の筒状の蜜腺が小花弁に変わった花をラージセミダブル(LSD)といいます。 にほんブログ村  最初の2枚は玄関先で撮りましたが、風が結構強くあたって花茎がぶれるので、車庫から車を出してテーブルをセットしました。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒヨドリ

全長は25センチくらいでしょうか、とがったくちばしは黒く、頭部から胴体は灰色の羽毛に覆われ、頬に褐色の部分があります。 にほんブログ村 我が家の住人が面白がって、庭に野鳥を呼ぶために餌付けを始めておりますが、自然界のバランスを崩すなど、功罪相半ばすることです。 にほんブログ村 はじめの頃は、庭のバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壁面誘引

つるバラは品種によって樹形が異なり、支えの種類に向き不向きがありますが、ピエール・ド・ロンサールは何といっても壁面にベストマッチします。 (剪定前) (剪定後) にほんブログ村 枝を外さずに簡単に行う方法と、全ての枝を外して入念に行う方法とがありますが、開花数を保つために3年に一度は入念に行ったほうが良い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズ開花

 今シーズンのクリスマスローズの初花は、フリル状の小花弁が花びらのように美しい、セミダブルのホワイトピコティです。 (031SDホワイトピコティ) にほんブログ村  セミダブルはアネモネ咲き(半八重)ともいわれ、退化した内側の蜜腺(ネクタリー)が、もとの花弁に戻ろうと大きく発達した花です。 にほんブロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

間違い探し

 2つの写真を見比べて間違いを探してください。撮影位置や画角は少し違っておりますが、アハ体験を通じて日頃使わない脳を刺激してください。 にほんブログ村  正解は、クリスマスローズ置き場の屋根の雪があるか、ないかの違いですが、先週末は80センチを超える大雪になりました。 にほんブログ村  我が家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霜活

 先週のNHK「あさいち」で朝から「シモネタ」を放送していましたが、氷点下の厳しい朝を楽しい時間に変える「霜活」に入れ込む人が増えているそうです。 にほんブログ村  霜活とは、早起きしてインスタ映えする霜の写真を撮ることをいいますが、気象庁の荒木さんが「関東雪結晶プロジェクト」を始めたことがきっかけでした。 (…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

凍てるピエール

 CLピエール・ドゥ・ロンサールの剪定・誘引をまだ終えていませんが、放射冷却現象で気温が下がり、霜が降りて凍っています。 にほんブログ村  ピエールは花がらを摘んだ後は放任して枝を伸ばし、剪定や誘引は休眠期の12月から2月に行なうのが普通です。 にほんブログ村  降雪前にもう少し余裕があれば、ピエールの剪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪化粧の朝

 この冬一番の猛寒波で、裏庭の茶色い景色が化粧したように白く変わりましたが、雪は地上の邪魔者を全て覆い隠します。 (ジュンベリーとヤマボウシ) にほんブログ村  ブラックベリーの垣根もたいへん幻想的に見えますが、年末に剪定は終えたものの、雨よけハウスの骨格は残したままでした。 (ブラックベリー) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

開花を早める

 原産地ではクリスマスの頃に咲くことから「クリスマスローズ」と名付けられたこの花は、日本では屋外に置く事が基本です。 にほんブログ村  当地の開花時期は屋外では3月に入ってからとなりますが、基本を踏まえたうえで数鉢ずつ家に入れて開花を早めて楽しみます。 にほんブログ村  我が家でクリスマスローズが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老後の楽しみ

 そう遠くない老後の楽しみの一つとして、果物の苗を植えましたが、「あんず」は梅と同じように苗を植えてから2、3年でなりはじめると思います。 (堆肥を入れる) にほんブログ村  穴を大きく掘って、自家製堆肥をたくさん入れて混ぜ込み、植え付け後は倒れないよう支柱を立てました。 にほんブログ村  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more