野鳥と遊ぶ

 雪化粧した朝は、普段から遊びに来ている野鳥たちの足跡が目立ちますが、この形と大きさはたぶんキジの足跡です。 にほんブログ村  「裏庭には二羽ニワトリ」ではなく、十種類ほどの野鳥が遊びに来ますが、リンゴやミカンを枝に付けると必ずあの野鳥がやって来ます。 にほんブログ村  サクラの花などに来て蜜を吸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥居支柱

 名前のとおり神社の鳥居のような形をした支柱で、材料には丸太、番線、麻布、麻紐を使いましたが、バランスよく仕上げるのは難しいです。 にほんブログ村  順調に育っていた株立ちのジューンベリーでしたが、風が吹くたびに木がゆれて、根元がたいへん不安定になっていました。 にほんブログ村  運よく剪定時に見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリ子のつぼみ

 クリスマスローズのつぼみが膨らんできましたが、小柄な原種の中でもデュメトルムは最も小輪で、花径2センチくらいのグリーンのやわらかい感じの花です。 (以下、開花写真は今シーズンのものではありません。) (908原種デュメトルム) にほんブログ村  小輪の黒い花形ですが、黒い花の撮影は天候、光りの方向、日陰、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正月飾り

 ホームセンターで、葉牡丹を使った正月飾りが売られていたので、我が家にたくさんある葉牡丹の鉢を使って飾ってみました。 にほんブログ村  100円ショップには、正月飾りのディスプレイ用にちょうど良い餅花、獅子舞、門松などのミニグッズがたくさん売られています。 にほんブログ村  ニャンミーは、正月飾り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。 今年も庭仕事にいっそう励んで、感じるところを書いていきます。 「ニャンミーの庭仕事」を、ニャンミーともども、よろしくお願いいたします。                                       平成30年元旦 下のどちらかのバナーをポッ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

葉切りの私

 江戸川下流、千葉県の下矢切と東京都葛飾区柴又を結んで、現在も「矢切の渡し」が運行されているそうですが、年の瀬の昼一番の仕事は「葉切りの私」です。 にほんブログ村  一株、一株、株全体の様子を観察しながらテンポ良く進めますが、かける時間は小一時間で約100株の古葉切りを終えました。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訳ありハクサイ

 今年最後の白菜漬けを作りましたが、無農薬の白菜はハムシやヨトウムシに食べられているので、食害の葉っぱを取り除くと半分ほどになります。 にほんブログ村  白菜1個の重さは平均的には3キロといいますが、訳あり白菜の重さは2キロ秤がオーバーフロー(EEEE)するものもありますが1キロ台が多いです。 にほんブログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木バラ、つるバラ

つるバラで楽しむことも、木バラのように楽しむこともできる「CLバレリーナ」のローズヒップは、ヒヨドリが来てたいがい食べてしまいました。 (剪定前) にほんブログ村 つるバラとして楽しむ時は、シュートは木バラのように短く剪定しませんが、シュートから出ている小枝は適当な長さに整えます。 (剪定後) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たくあん

 たくあんは、漬けてから1ヶ月位から食べられるといいますが、二週間目でも一本食べてみましたが、この浅漬け感が好きだという人もいます。 にほんブログ村  沢庵漬けは、水が上がるか上がらないかが成否の分かれ目で心配ですが、一週間でバッチリと水が上がってきたので、重石を半分に減らしました。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

防寒着

 そら豆は寒さに強いので、草丈5センチぐらいまでは防寒着は不要ですが、大きく成長しすぎた場合はどうしても防寒対策をしたほうが良いようです。 (そら豆) にほんブログ村  そら豆が「本当に美味しいのは3日間だけ」といわれるくらい収穫時期が短いので、収穫時期を違えるために二畝のうちの片方だけ防寒着を着せました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤の剪定

 つるが伸びて藤棚からまんべんなく落ちる藤の花姿は見事ですが、毎年同じように手入れをしても、花が良い年と悪い年があります。 (剪定前) (剪定後) にほんブログ村  長い枝は花芽が付かないので数芽残してバッサリと切り、花芽が付きやすい短い枝は絶対切らないで大切に残します。 (長い枝はバッサリ) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北風と太陽

 荒天の予報を受けて鉢物を軒下におきましたが、葉牡丹は雪で折れる心配があるので、スタンドからおろして奥にしまっておきました。 にほんブログ村  北風の中ではしっかり仕舞っておきますが、日中に太陽が燦々と照りつけると、葉牡丹の鉢を動かして太陽に当たるように飾ります。 にほんブログ村  「北風と太陽」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブラックベリーの誘引

 ブラックベリーは生育旺盛で、収穫後にシュートを伸ばして大暴れしますが、太い結果母枝を作るために誘引の時期までは剪定せずに大切に伸ばします。 (大暴れのまま伸ばす) にほんブログ村  落葉後の今頃に誘引と剪定を行いますが、枝は一年しか生きることが出来ないので、古い枝は全部切り落とします。 (古枝は収穫後に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

蒟蒻芋の保存

 蒟蒻芋は、生子(きご)から食べられる大きさに育つまでに3年間かかりますが、寒さに弱いので秋に掘り上げて保存し、初夏に植え直すことを繰り返します。 にほんブログ村  秋に収穫してから4回コンニャクを作ったので、3年玉のうち半分を使って残りが4個、2年玉と1年玉と生子は凍らないように保存します。 にほんブログ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

つるバラ鬼剪定

ピンクのつるばらの名花で、弁端が大きく波打って優雅な早咲き花、スパニッシュビューティーを鬼剪定しました。 (スパニッシュビューティー) にほんブログ村 バラに関する園芸用語で「強剪定」は聞いたことがありますが、「鬼剪定」はあまり聞いたことがなく、オススメはしません。 (ツルばらバッサリ) にほん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沢庵漬

ピエールドロンサールの軒下に、細めの大根30本を天日干ししておきましたが、二週間でだいぶ水分が抜けたので沢庵漬けを作ります。 にほんブログ村 沢庵を漬けるためには、何といってもって米ぬかが必要となりますが、月に一度の精米のついでに袋にいっぱい持って帰りました。 にほんブログ村 干し大根と米ぬかの他には…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

雪の被害

 12月6日に雪が降った時に、裏庭のモッコウバラの枝が雪の重さでドスンと落ちて、デッキの上を覆いました。 にほんブログ村  平日は庭仕事が出来ないので、週末までそのままにしておきましたが、ニャンミーは部屋の中から外を覗いてずっと心配していました。 にほんブログ村  壁に結わいでおいた麻紐が切れたの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

古葉切り開始

クリスマスローズの古葉切りを始めましたが、当地では毎年の初雪が降る頃からが適期と認識しています。 にほんブログ村 古葉切りの理由の一つは、見栄えを良くするという人間側の都合によるもので、クリスマスローズの立場からは残っていても多分支障がありません。(開花の様子は先シーズンです。) (010SSネオン) に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬仕度

初雪が降ってから、ようやく庭の冬仕度を始めましたが、紫陽花は荒縄でくくるだけで雪からも守ることが出来ます。 にほんブログ村 クリスマスローズとヤブランの古葉を切りましたが、どちらの葉っぱも切った方が春になって美しいです。 にほんブログ村 ローズマリーなどの弱々しい木は、竹の支柱を添えて縛りますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の赤蕪

 今年最後の赤蕪を収穫しましたが、もうなくなったかと思うほど消費が早かったので、来年は倍の面積で育てます。 にほんブログ村  赤蕪はいつも甘酢漬けにしますが、皮のまま漬けて一緒に食べるので、タワシを使って泥を綺麗に落とします。 にほんブログ村  「温海かぶ」は泥を落とすと外は赤紫色で、甘酢漬にする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more