寒い日

 当地のこの冬の初雪は11月20日でしたが、今週末も寒気の影響でたいへん寒く、土曜日の朝もうっすらと雪が降りました。 にほんブログ村  葉牡丹は雪の下では葉っぱを鑑賞ができないので、雪があたらない玄関の軒先に移動したほうが良いかもしれません。 にほんブログ村  ビオラの冬前の成長は雪が降るまでで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズ植え替え完了

クリスマスローズの植え替えをほぼほぼ完了しましたが、鉢によって、株によって様々な状態のクリスマスローズがあります。 にほんブログ村 三年間植え替えをしないと、根がグルグル巻いて根詰まり状態となりますが、根の三分の一くらいを切ってから土を落として植えます。 にほんブログ村 こちらの「ブラック株」は、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キャベツか?

キャベツがたくさん並んでいるように見えますが、本物のキャベツかどうかは、この写真から判断することが出来ません。 にほんブログ村 一緒に並べと一目瞭然で、キャベツに比べて径は1/5くらい、体積は径の三乗に比例するので1/125くらいでしょうか。 にほんブログ村 芽キャベツは、一般的なキャベツのように主軸…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ロマネスコ

 16世紀からイタリアにあった野菜だそうですから、「ロマネスコ」からブロッコリーやカリフラワーが作られたということになります。(諸説あり) にほんブログ村  ロマネスコも、ブロッコリーも、カリフラワーも芸能人と同様に「葉が命」で、たくさんの大きな葉っぱによって花蕾が大きく育ちます。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大根収獲

 大きく育った爺の大根を心配して収穫しましたが、収穫時期が遅くなると大きくなりすぎて、中にスが空いてしまいます。 にほんブログ村  大根畑の半分は、まだ暑い時期(8月20日頃)に種を播いたので、90日後の11月20日頃が収穫適期です。 にほんブログ村  残りの二畝は10日くらい遅く種を播いたので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落葉日

 気象庁では、イチョウの標本木の葉が黄色に変わった状態になった日を黄葉日として、大部分の葉が落ちた日を落葉日として観測しています。 にほんブログ村  イチョウの木は週末しか観察できませんが、我が家の標本木の黄葉日は11月10日頃、落葉日は11月20日頃でしょうか。 にほんブログ村  イチョウの実で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柚子を使う

 柚子を収穫しましたが、そのものがメインになることは少ないものの、様々な料理の引き立て役として欠かせない食材です。 にほんブログ村  柚子はたくさんなる年と、少ししかならない年とが交互に現れる気がしますが、今年は「裏年」らしく昨年よりもだいぶ収量が少ないです。 にほんブログ村  昔から捨てるところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

干し柿の途中

 冬が近づくとともに、干し柿がどんどんといい色になってきましたが、同じ日に干した柿でも色合いが違います。 にほんブログ村  干し柿を作る途中で柿を揉むと良いといいますが、色が濃いほうは揉んだ柿で、明るく薄い色の柿は揉んでいません。 (揉んだ柿) にほんブログ村  柿を吊るしてから一週間くらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野菜調達

 長雨や台風の影響による野菜の高値が続いているといいますが、畑から一週間分の野菜を調達して、勝手口に揃えることは毎週末の私の仕事です。 にほんブログ村  大根はおでんやふろふき大根、ばら肉との煮物や大根おろしなどに使いますが、一週間に3本もあれば十分でしょう。 にほんブログ村  長ネギは鍋の材料、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫キャベツ

 表面は、はっと目を引くひときわ鮮やかな紫ですが、切った断面の葉脈の白と紫のコントラストは、まるで芸術の如くです。 にほんブログ村  ザワークラフト(酢漬け)を作るようですが、生をそのままサラダにのせて混ぜるだけでも、華やかさがワンランクアップします。 にほんブログ村  キャベツは一年中スーパーに…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

白菜漬け

 白菜漬けを作りますが、半日くらい日に当てて干すことで余分な水分が取り除かれ、白菜の甘味と旨みが引き出されるといいます。 にほんブログ村  塩の量が重要となりますが、白菜の半割りを2つ計って全体を7,356グラムと推定し、4パーセントの300グラムと決めました。 (白菜の重さの推定値) (塩の量の計算値)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二つのピエール

 つるバラは一季咲きが基本ですが、今咲いているルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールは四季咲き性がたいへん強い品種です。 (ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール) にほんブログ村  印象的なクリムゾンレッドの花は、四季を通じてゴージャスな大輪で花付きも良く、冬に短く剪定しても春にまた咲きます。 にほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビオラビビ

先日ビオラを定植した時、プラ丸鉢に同じ種類の3株を植えましたが、少し大きいテラコッタ一鉢だけは、ビビシリーズの人気色5株を植えました。 にほんブログ村 ビビシリーズはタキイ種苗の花径2.5~3センチと見栄えのする大きさのビオラの品種で、秋から夏までの長期にわたりあふれるように花を咲かせます。 ■F1ビビ クリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自家製青汁

芽キャベツとプチベールの葉っぱを切り取りましたが、たいへん立派な葉っぱなので、そのまま何もしないのはMOTTAINAIです。 にほんブログ村 MOTTAINAIというのは、捨てるのもそうですが、それよりもブログ記事にしないのはMOTTAINAIという意味で、両方のために自家製青汁を作ります。 にほんブログ村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芽キャベツ

かわいらしい芽キャベツが大きくなってきましたが、キャベツの別名を甘藍(かんらん)というので、「子持ち甘藍」や「姫甘藍」などとも呼ばれます。 にほんブログ村 芽メキャベツを上から見ると、キャベツのように主軸の頂芽が結球するのではなく、葉の付け根に出てくる脇芽が結球しているものです。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチゴの様子

 一季成り性のイチゴは、夏の高温長日条件化では花芽をつけることはありませんが、秋に気温が低下すると、日長にかかわらず花芽を付ける性質です。 にほんブログ村  露地栽培のイチゴは、春になってから開花結実した実を収穫するので、残念ながら秋の花芽は摘んでしまいます。 にほんブログ村  苗を植えつけた時は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信号機の色

 信号機の色の並びは、通常の横型は左から「青→黄→赤」の順に、積雪地に多い縦型は上から「赤→黄→青」の順に並んでいます。 (横型信号機:青→黄→赤) (縦型信号機:赤→黄→青) にほんブログ村  横型は街路樹が伸びて信号にかかったときに一番切大切な赤だけは見えるように、縦型では赤の見やすさを重視したからだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定植完了

 ビオラの定植第一弾、プラ35センチ丸鉢の3株植えを完了しましたが、並べて数えてみると15鉢になりました。 にほんブログ村  一つの丸鉢に用土が約9リットル入るので、9×15=135リットル。30リットル袋2袋+25リットル袋3袋=135リットルと、収支は丁度合いました。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビオラ定植

 ビオラの植え付け適期となったので、夏の間にニチニチソウやポーチュラカを植えていた鉢を空けて定植します。 にほんブログ村  使用する用土による成長差等の危険分散のため、二種類の用土を混ぜて使いましたが、肥料は別に各鉢に定量(小さじ2杯)を加えます。 にほんブログ村  そのまま植える場合もありますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホウキ草

秋に赤くなった後に、だんだん茶色に変化して枯れるコキアは、別名をホウキ草というくらですからホウキが作れます。 にほんブログ村 ホウキ作りは簡単で、コキアを根元から刈り取って乾かした後に、紐などで括って持ち手を付けるだけです。 にほんブログ村 魔女はホウキに乗って空を飛ぶといいますが、ニャンミーは間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more