葉牡丹

 葉牡丹は初夏に種をまいて育て、冬に向かって寒くなると色づく葉っぱを、冬から春に観賞する植物です。 にほんブログ村  江戸時代から東京で改良されてきた丸葉系、明治中期に名古屋地方で縮緬のケールを交配して改良された縮緬(ちりめん)系が、昔からの二系統です。 (丸葉系) にほんブログ村  かつて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平核無柿

 たいらで種がない平核無柿(ひらたねなしがき)は新潟原産で、「八珍柿」(新潟)、「庄内柿」(山形)、「紀の川柿」(和歌山)、「おけさ柿」(佐渡島)などとも呼ばれています。 (さわし柿を並べる) にほんブログ村  毎年、爺が渋を抜いた「さわし柿」をたくさん食べますが、我が家の住人は今年こそ「干し柿」を作ろうと挑戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロッコリー

 ブロッコリーにはアントシアニンという物質が多く含まれているので、昔は寒さにあたると赤く(紫っぽく)なったものを、緑色に改良したそうです。 (赤い品種のブロッコリー) にほんブログ村  形は似ていますが色も食感も違うカリフラワーは、ブロッコリーが突然変異して花蕾が白化したものだといわれています。 にほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鷹の爪

 長さ5、6センチの先がとがった唐辛子は「鷹の爪」と呼ばれますが、本当の鷹の爪は見たことがないものの、たぶんこの形に似ているのでしょう。 にほんブログ村  収穫した唐辛子は、青いものは生で使い、赤いものは枝につけたまま乾燥させて一味唐辛子の「鷹の爪」として使います。 にほんブログ村  カプサイシン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀杏

 二度の台風で落ちた銀杏を我が家の住人がせっせと拾って、日当りの良い場所で水に漬けて約10日間、銀杏の果肉が腐ってふやけています。 にほんブログ村  果肉を分離させるために長靴で軽く踏みますが、上に乗れるのは私程度の体重までの人で、私でも力いっぱい踏むと種が割れてしまします。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成長の差

 同じ日に黒ポットあげして育てた、ビビシリーズのレッドヴィズブロッチですが、この二つには明かに成長の差があります。 にほんブログ村  成長の違いは二株だけではなく、トレイ丸ごとすべての株の成長が悪いので、これには必ず何かの理由があるはずです。 にほんブログ村  1箇月半ほど前の黒ポットあげした…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

建前

 近所の畑で建前が行われていましたが、ガーデン風の畑の真ん中に「東家(あずまや)」を建てて、知人や隣人がお茶を飲める憩いの場を作るそうです。 にほんブログ村  むかし「東」は、都から見て東方の「田舎」をさし、「東屋」は「田舎の粗末な家」の意味でしたが、現代では庭園の休息や眺望などのために造られます。 にほん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苺ポット

 ストロベリーポットは見た目が面白いので、イチゴ以外の植物を植える人もいますが、本来は名前どおりにイチゴを植える器です。 にほんブログ村  イチゴを育てる時は、春の親株が元気に育っていても、秋に新しい土に入れ替えて、新しいイチゴ苗に植え替えします。 にほんブログ村  ストロベリーポットの奇妙な形を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご馳走

毎日ステーキを食べているわけではありませんが、今晩の特別なご馳走はステーキではなく白いご飯です。 にほんブログ村 この秋から一般販売された新潟の新しい米「新之助」は、出始めは売り切れ続出で入手出来ませんでしたが、ようやく流通が安定してきました。p にほんブログ村 ついに誕生した新潟米「新之助」は、きら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗渠排水

 家の周りの田んぼに、陶管と籾殻の袋詰めがたくさん置かれていますが、ほ場整備の最後の仕上げとして暗渠排水工事が行われます。 にほんブログ村  暗渠排水は田の深いところに陶管を埋めて、必要な時に水をしみ出させて田を乾かし、農業機械の使用を容易し、作物の収量増も出来る施設です。 (湿田に水が溜まる) にほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メダカのその後

 メダカを飼い始めた時以来、ブログでメダカの話題には触れていませんが、メダカは十日間で全滅し、残った卵から生まれた約二十匹のメダカが生育中です。 (メダカの赤ちゃん) にほんブログ村  その後、我が家の住人たちは魚の飼育に目覚めたらしく、水槽やら、濾過器やら、ヒーターやらを買い揃えて、いつの間にか熱帯魚が泳ぐように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沼垂テラス

 新潟市の「沼垂(ぬったり)市場通り」と呼ばれていた場所を、2015年に「沼垂テラス商店街」に再生し、長屋の町並みが昭和レトロな雰囲気で人気を集め、2017年度の「グッドデザイン賞」を受賞しました。にほんブログ村  30近くある店は、飲食店、カフェ、ジュエリーショップ、お花屋さんにお総菜屋さん、八百屋さん、パン屋さん、陶芸工房…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰が痛い

 月曜日に腰を痛めて、一人で靴下を履けないほどの状態でしたが、注射を打ってもらって養生したので、週末には少しは楽になりました。 にほんブログ村  この時期の週末は、冬に向かって庭仕事がたくさんありますが、今日1日はニャンミーといっしょに腰を伸ばして休みます。 にほんブログ村  外に出ないで休んでい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

濡れ落ち葉

 月曜日に台風21号が近づいた時の雨と風は、当地でもかなり激しかったので、濡れ落ち葉がたくさん落ちました。 にほんブログ村  「濡れ落ち葉」は、くっつくとなかなか取れないことから、「定年後、妻にまとわりついて離れない夫」いう意味で使われます。 にほんブログ村  現代のお父さんは、定年後も家庭に戻っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連れて帰る

親戚に預けてから二、三年たったクリスマスローズの鉢植えを、植替えやメンテナンスのために連れて帰りました。 にほんブログ村 根の伸びが早いので、隔年で植替えしないと根詰まりして、水も肥料も受け付けずに、生育が止まってしまいます。 にほんブログ村 同じ鉢で育てる時は、根をほぐしてから適量を切り詰めて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大切な葉っぱ

ブロッコリーやカリフラワーは、出蕾時の葉っぱが大きいほど、中心の花蕾も大きく育つので、葉っぱを大切に育てなければなりません。 にほんブログ村 少数のオンブバッタが発生しても、甚大な被害になることは殆どありませんが、大きな穴を開けるので、生育初期に発生すると大被害となります。 にほんブログ村 アオムシを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅白大根

スマートな白いダイコンと、ズングリな紅いダイコンを収穫しましたが、まさに紅白ダイコンが並びました。 にほんブログ村 爺の畑で大量に栽培している大根は、いわゆる「青首大根」といわれるよく見かける大根ですが、もう少し太くして冬の間じゅう食べる野菜となります。 にほんブログ村 私の畑で、品揃えの一環とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イナゴ

 野菜畑にイナゴ(蝗、稲子、螽)が遊んでいますが、稲を食べる害虫とされると同時に、むかしは貴重なタンパク源として食用とされました。 にほんブログ村  旧約聖書の世界では、昆虫は食べてはいけないらしですが、イナゴを含むバッタ類だけは食べても良いと書かれているそうです。 にほんブログ村  日中のイナゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の花

 裏庭で秋の花が何種類か咲いていますが、秋の花といっても地方によって、人によってそれぞれ違う花が思い浮かぶでしょうか。 にほんブログ村  もっともポピュラーな秋の花は、わたし的にはコスモスですが、秋咲きのコスモスは昼間の時間が短くならないと花を咲かせないという性質があります。 (コスモス) にほんブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そら豆植えた

 種が大きいそら豆の発芽には、水分と酸素がたくさん必要で、また、水分が多すぎると腐りやすいのですが、ニャンミーの見守る中で発芽率は100パーセントとなりました。 にほんブログ村  良い苗は草丈が低く節間が詰まったずんぐり型といいますが、生育は天候に左右されるので、なかなか理想通りにはいきません。 にほんブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more