テーマ:クリスマスローズ

お久しぶりです。

 3月23日からブログの更新をしていませんが、3月24日にニャンミーが食欲不振で入院してから、「ニャンミーと一緒に庭仕事が出来ないので」更新していませんでした。 (右腕に点滴中のニャンミー) にほんブログ村  お腹を大きく切って10日間で退院してきましたが、腫瘍の組織検査で悪い病気が判明したので、これから半年く…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

DDレッドバイカラー

 表側は白っぽく、裏側は赤い色のリバーシブル、花弁のフリルがご愛嬌のDDレッドバイカラーです。 にほんブログ村  交配者が書かれたマジック書きの名札は、「ホワイトレッドリバーシブル×DDホワイトレッドリバーシブル」で、レッドバイカラーのセルフ交配と思われます。 にほんブログ村  これと同じマジック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DDバターイエロースポット

 ミヨシのメリクロンのバターイエロースポットは、優しいイエローの花弁にローズ色のスポットが入る八重咲き品種です。 にほんブログ村  平成21年2月に、当時発売されていたメリクロンを全品種大人買いしたつもりでしたが、このバターイエロースポットだけ漏れていて、後で追加購入しました。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DDホワイトフラッシュ

 ボリュームのある白い花弁の重なりに、エンジ色のフラッシュが入った八重咲き、DDホワイトフラッシュです。 にほんブログ村  白いクリスマスローズは、つぼみの時は緑色をしているものもありますが、この株のつぼみはわりと白く、明らかに白い花が咲くことがわかります。 にほんブログ村  残念ながら交配者には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SDホワイト糸ピコティ

 気温が低いときは真っ赤でしたが、今年は真っ白なセミダブルに変化した、とてもかわいいホワイト糸ピコティです。  福井県のたいへん多くのクリスマスローズを取引されている方の、商品名「お楽しみ糸ピコ交配苗5種類」の「ddホワイト糸ピコ×sdホワイト糸ピコ」を育てました。 にほんブログ村  花弁にはくっきり細い赤紫の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DD渋桃ベイン

 DD筋渋桃の名札を付けた、網状の模様が薄く入った、渋くて濃いピンク色の八重咲きが開花しました。 にほんブログ村  ベインは通常、地肌よりも濃い模様で入りますが、この花のベインは地肌よりも薄く色が抜けているのが特長で、このタイプのベインはあまり見かけたことがありません。  交配名は「NO.71-7ddピンク×N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SSレッドベイン

 赤というよりあざやかな紅色の花弁に、濃赤の筋状模様が入った、シングルカップ咲きのレッドベインです。  今でこそ、ベインという言葉が主流ですが、昔は血管系と言ったような、その言い方もなんとなく嫌いでないSMチックな血管模様です。 にほんブログ村  「☆422☆クリスマスローズのタネ216×203(ネオン交配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DDマットブラック

 灰色を帯びた黒色花、花弁の表面が「つや消し」になっている、マットブラックの八重咲きです。 にほんブログ村  花弁がやや不規則な形ですが、それがかえってリズミカルで、極端に花が乱れることはなく、全体では不思議とまとまっています。 にほんブログ村  交配名は「NO.87×NO.86ddブラック同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DDアプリコットフラッシュ

オレンジがかったピンク色というのか、赤みがかった黄色に、小さめのフラッシュが入った八重の花が咲きました。  花色を文字で表すのはたいへん難しいのですが、表側はたぶんアプリコット色というのでしょうか、たいへんやわらかくて暖かい感じの色で、裏側は林檎のように赤くリバーシブルになっています。 にほんブログ村  交配名「d…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

DDクリームイエローピコティ

 クリーム色から黄色の花弁を、かすれ気味のピコティとうっすらベインが引き立てる、八重咲きクリームイエローピコティです。 にほんブログ村  細めの剣弁が幾重にも重って、わりとボリュームがあって、花弁中心部の緑色が全体の表情を引き締めています。 にほんブログ村  かなり前にオークションで買ったもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DDペールピンクスポット

 薄いピンク色のふわっとした花弁に細かな赤い斑点が入った、そばかすだらけのお嬢様、八重咲きペールピンクスポットです 。 にほんブログ村  中心から外側に向かって、花弁の付け根は緑色で、次に赤色のスポットが密に入り、さらにピンク色へと変わります。 にほんブログ村  交配者は、024DD小輪ボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SDピンクピコティ

 ピンク色の整った花弁、赤紫色の覆綸と小花弁、美人系の半八重咲きピンクピコティです。 にほんブログ村  成長が思わしくないので5号鉢にそのまま植えてあって、今年はもう咲かないのかなあと思っていたところ、一輪だけ咲いてくれました。 にほんブログ村  ラッパ状の濃い赤紫色の小花弁が特徴的で、薄ピンクのやさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェアリーローズスポット

 ローズカメレオンと同じミヨシのメリクロンで、パーティドレス系の中でも小振りなダブル、フェアリーローズスポットが開花しました。  タキイ通販から他のメリクロン苗と同時に取り寄せた株で、かなり大株となった今年は7、8本の花芽が立って、花数が多くボリュームが出てきました。 にほんブログ村  メリクロンを相手にしない愛好家も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローズカメレオン

 決して派手ではなく、たぶん地味で、美人系でもなく、たぶんイグアナ系か?一度見たら忘れられないローズカメレオンです。 にほんブログ村  花であることに気付かない人がいるのではないかと思うほど、野性味の有る容姿ですが、地味な中にも心ひかれる何かがあります。   いまさら説明することもない有名な品種で、ミヨシ園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三兄弟

 クリスマスローズは二つと同じ花がないといいますが、同じ交配からでもそれぞれが似ていることはあってもオンリーワンの花となります。 (128DDグリーンブロッチ) にほんブログ村  かなり前に入手した「多弁グリーン×グリーンリバーシブルピコティ5粒」の三男株は、緑地に大きめな茶色の粒が密集した「ブロッチ」と呼ばれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芳香ボッコネイ交配

 ハイブリッドと原種ボッコネイとの交配種で香りがする個体、黄緑の花弁に幅広ピコティ、芳香ボッコネイ交配です。  ボッコネイは、草丈30cm位の小作りで、花径は約2、3cm、薄い黄緑色の上品な花が咲くクリスマスローズの原種で、良い香りを放つ個体が多いことで知られています。  にほんブログ村  この株はほぼ原種の特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーン糸ピコティ

 こんな花が欲しかった、八重咲きの緑色の花弁に糸のように細いピコティ、DDグリーン糸ピコティが開花しました。 にほんブログ村  茎や葉っぱの色と同じ緑色の花は、地味な色合いという見方もありますが、原種のように素朴な野性味があり、また、清楚な大人の雰囲気を醸し出すため、私の大好きな花色です。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原種デュメトラム

原種デュメトラムは草丈がコンパクトで小輪多花性の性質から、ハイブリッドとの交配親に多く使われています。 にほんブログ村  2011年11月に入手した「希少デュメトラムDDクロス2年生苗」ですが、原種のDD同士をクロス交配したのか、片親にハイブリットが使われているのかわかりません。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芳香系

一度にかなりたくさんの写真を撮って、気に入らなければ二度、三度撮って、写真をブログに載せていますが、カメラでは写せないものがありました。 にほんブログ村  濃い緑のしっかりした花弁で、シンプルに開花した原種リグリクスですが、残念ながら柑橘系の良い香りは私のカメラでは写すことが出来ません。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

データベース

 テーマに沿ったデータを集めて管理し、容易に検索、抽出などの再利用できるものをデータベースといいますが、ブログは私のクリスマスローズのデータベースです。 にほんブログ村  検索サイトに「ニャンミー ○○○」(○○○は三桁の数字)と入力すると、ブログの題名を「管理番号+品種名」としているので、開花の様子を瞬時に検索する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原種セルビクス

 バルカン半島のクロアチア、ボスニアなどに自生する原種トルカータスに対して、モンテネグロ、セルビアの南部系トルカータスをセルビクスと呼ぶそうです。 (921セルビア産セルビクス) にほんブログ村  2011年に、新橋さん、横山さん、村松さん達がバルカン半島へ行かれて採種されたものだそうで、播種されてから4、5年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪、雪、雪

 ようやく雪がやみ、一時的に晴れ間が見られた9日の新潟ですが、我が家の庭は雪が庭木にのったままの白い景色です。 (バラのアーチ) (フジの棚) にほんブログ村  北陸地方の記録的な大雪は、福井県の国道で続いていた車の立往生がようやく解消したようですが、3連休初日は雨の予報で新たな危険が心配です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズ展

 クリスマスローズは、新潟市の「食と花の銘産品」となっていて、主産地の秋葉区ではあちらこちらでクリスマスローズの展示販売会が開かれます。 にほんブログ村  主に新潟市秋葉区の施設で開かれる、2018クリスマスローズ展は次のとおりです。 ○花夢里にいつ 2/3(土)~3/6(火)「クリスマスロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の構造

 クリスマスローズの花の中心部には雌しべがあり、その周りを雄しべが囲んでいますが、雌しべが先に成熟したあとに雄しべが展開して花粉を作ります。 (雌しべ) (雄しべ) にほんブログ村  花弁と呼んでいる部分は萼片(がくへん)で、本来の花弁は退化して蜜腺(ネキタリー)となり、代表的な模様の斑点はスポットと呼ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Simple

 クリスマスローズのシングル咲きは、まさに Simple is best の世界ですが、かなりの大株に育ったので花茎が十本以上出ています。 にほんブログ村  「シンプルな状態が一番いい」という意味の熟語ですが、クリスマスローズのシングル咲きは、私の口癖 Simple is beautiful です。 にほんブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LSD

 LSDといっても、「だめ!ゼッタイ」の薬物ではなく、セミダブル(SD)の筒状の蜜腺が小花弁に変わった花をラージセミダブル(LSD)といいます。 にほんブログ村  最初の2枚は玄関先で撮りましたが、風が結構強くあたって花茎がぶれるので、車庫から車を出してテーブルをセットしました。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスローズ開花

 今シーズンのクリスマスローズの初花は、フリル状の小花弁が花びらのように美しい、セミダブルのホワイトピコティです。 (031SDホワイトピコティ) にほんブログ村  セミダブルはアネモネ咲き(半八重)ともいわれ、退化した内側の蜜腺(ネクタリー)が、もとの花弁に戻ろうと大きく発達した花です。 にほんブロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

間違い探し

 2つの写真を見比べて間違いを探してください。撮影位置や画角は少し違っておりますが、アハ体験を通じて日頃使わない脳を刺激してください。 にほんブログ村  正解は、クリスマスローズ置き場の屋根の雪があるか、ないかの違いですが、先週末は80センチを超える大雪になりました。 にほんブログ村  我が家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開花を早める

 原産地ではクリスマスの頃に咲くことから「クリスマスローズ」と名付けられたこの花は、日本では屋外に置く事が基本です。 にほんブログ村  当地の開花時期は屋外では3月に入ってからとなりますが、基本を踏まえたうえで数鉢ずつ家に入れて開花を早めて楽しみます。 にほんブログ村  我が家でクリスマスローズが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリ子のつぼみ

 クリスマスローズのつぼみが膨らんできましたが、小柄な原種の中でもデュメトルムは最も小輪で、花径2センチくらいのグリーンのやわらかい感じの花です。 (以下、開花写真は今シーズンのものではありません。) (908原種デュメトルム) にほんブログ村  小輪の黒い花形ですが、黒い花の撮影は天候、光りの方向、日陰、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more