テーマ:バラ

丸い物体

 先日、全国でたいへん条件のよい皆既月食が見られましたが、我が家ではピエール・ド・ロンサールの枝の隙間に、満月のような丸い物体が浮かんでいました。 にほんブログ村  蜂の巣が地上部にある場合は、「コガタスズメバチ」か「キイロスズメバチ」のどちらかでしょうが、 バラ木の枝に巣があるので「コガタスズメバチ」の可能性が高いです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルバ・メイディランド

 このバラはフェンスや壁面などに誘引するには最適なバラといえますが、アーチやパーゴラなどの水平面に咲かせるには一工夫必要です。 にほんブログ村  枝を水平に抑えるとどうしても押さえた枝から出る枝が上を向くので、1、2年は先端を切るだけで良いのですが、3年目はカットするだけでは花は咲いてくれません。 (作業前) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壁面誘引

つるバラは品種によって樹形が異なり、支えの種類に向き不向きがありますが、ピエール・ド・ロンサールは何といっても壁面にベストマッチします。 (剪定前) (剪定後) にほんブログ村 枝を外さずに簡単に行う方法と、全ての枝を外して入念に行う方法とがありますが、開花数を保つために3年に一度は入念に行ったほうが良い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

凍てるピエール

 CLピエール・ドゥ・ロンサールの剪定・誘引をまだ終えていませんが、放射冷却現象で気温が下がり、霜が降りて凍っています。 にほんブログ村  ピエールは花がらを摘んだ後は放任して枝を伸ばし、剪定や誘引は休眠期の12月から2月に行なうのが普通です。 にほんブログ村  降雪前にもう少し余裕があれば、ピエールの剪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木バラ、つるバラ

つるバラで楽しむことも、木バラのように楽しむこともできる「CLバレリーナ」のローズヒップは、ヒヨドリが来てたいがい食べてしまいました。 (剪定前) にほんブログ村 つるバラとして楽しむ時は、シュートは木バラのように短く剪定しませんが、シュートから出ている小枝は適当な長さに整えます。 (剪定後) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つるバラ鬼剪定

ピンクのつるばらの名花で、弁端が大きく波打って優雅な早咲き花、スパニッシュビューティーを鬼剪定しました。 (スパニッシュビューティー) にほんブログ村 バラに関する園芸用語で「強剪定」は聞いたことがありますが、「鬼剪定」はあまり聞いたことがなく、オススメはしません。 (ツルばらバッサリ) にほん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の被害

 12月6日に雪が降った時に、裏庭のモッコウバラの枝が雪の重さでドスンと落ちて、デッキの上を覆いました。 にほんブログ村  平日は庭仕事が出来ないので、週末までそのままにしておきましたが、ニャンミーは部屋の中から外を覗いてずっと心配していました。 にほんブログ村  壁に結わいでおいた麻紐が切れたの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二つのピエール

 つるバラは一季咲きが基本ですが、今咲いているルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールは四季咲き性がたいへん強い品種です。 (ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール) にほんブログ村  印象的なクリムゾンレッドの花は、四季を通じてゴージャスな大輪で花付きも良く、冬に短く剪定しても春にまた咲きます。 にほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫こぶ

桜の葉っぱに虫がついたようですが、サクラハトサカフシと呼ばれる虫こぶで、葉っぱが変形したものです。 にほんブログ村 見方によっては気持ち悪い突起ですが、昆虫が葉の中に卵を産み、幼虫が成長していくうちに膨れあがってこぶになります。 にほんブログ村 桜の実をサクランボと呼び、今がちょうど旬ですが、花を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨はまだ先?

 北陸の平年の梅雨入りは6月12日ごろですが、今年は今のところ入梅していないので、庭のバラが喜んで咲いています。 (CLバレリーナ) にほんブログ村  もう一つここ数年と違うのは、5月は高温だったものの、6月になってからは低温が続いたので、こちらもバラにとっては大喜びです。 (ニャンミーも大喜び) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨入り前に

四国、中国、近畿、東海、関東甲信が、例年よりも2、3日遅く梅雨入りしたようですが、梅雨入り前に必要な作業があります。 にほんブログ村 一昨年は、ブラックベリーに雨が当たって実がかびてしまい、大変残念な思いをしたので、昨年は雨よけシートを張りました。 にほんブログ村 今年も昨年の資材をそのまま使って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見附イングリッシュガーデン

 雨で庭仕事が出来ないので、英国園芸研究家の「ケイ山田」さんが監修された「見附イングリッシュガーデン」に出かけてきました。 にほんブログ村  ちょうど、ご本人が来園されて「ガーデンツアー」が開かれていましたが、開園後9年が過ぎた木々や宿根草の姿に、ケイさんも感心されておられました。 にほんブログ村  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次々開花

つるバラのピエール・ドゥ・ロンサールに続き、他のつるバラも木バラも次々と開花してきましたが、今週中がピークかもしれません。 (CLスーべニール・ドゥ・ドクター・ジャメイン) 紫をおびた高級感のある深紅色のカップ咲きで、咲き進むと青味が増し、寒冷地では黒味が増し特に美しいといいます。 にほんブログ村 (ERアブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピエール・ドゥ・ロンサール

 車庫の壁面のつるばら、ピエール・ドゥ・ロンサールがほぼほぼ咲きそろいました。たいへん美しいので、以下、いつもの拙文を無しとしました。 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 下のどちらかのバナーをポッチってください。  (このブログに10ポイントが加…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ブルヘッド

 つるばらの女王、ピ・エール・ロンサールが一輪だけ綺麗に咲きましたが、昨日に続いて「バラの裏側」の話です。 にほんブログ村  他にも数輪咲いていますが、全て「ブルヘッド」という現象で、花が萎縮したり、花の中から新芽や葉、蕾が出てくる異常咲きです。 にほんブログ村  開花前の低温や、肥料分の窒素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラの裏側

 綺麗、かわいい、いい香りなどの「バラの表側」に対して、虫や病気にかかりやすい、管理がたいへんなどの「裏側」もあります。 にほんブログ村  「表側」は人にとって目立つ側や良い面を指しますが、「裏」はその逆でありますから、見たくない、見せたくない場合もあります。 にほんブログ村  バラはこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早咲きバラ開花

 早咲きのつるばら「スパニッシュ・ビューティー」が満開となりましたが、「モッコウバラ」とのコラボがギリギリ間に合いました。 (CLスパニッシュ・ビューティー) にほんブログ村  つるばら「ピ・エールド・ロンサール」が一輪だけ咲きましたが、今期は雨が少ないので、雨に弱い「ルージュ・ピエールド・ロンサール」も綺麗に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラは強い

 木バラの冬剪定を毎年繰り返してきましたが、切り口が年々上に移動して、枝が細く弱って花数が少なくなりました。 (昨年の11月末) にほんブログ村  たぶん15年以上育てた木バラですが、「怖い」とか「かわいそう」という気持ちを捨てて、「強剪定」よりも強い「鬼剪定」をしました。 (4月22日撮影) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅い剪定

 つるバラの剪定・誘引は、休眠期の12月から2月中に行うことが良いのですが、ちょっと遅くなって3月に入りました。 (膨らみ始めた芽) にほんブログ村  全ての枝を壁から外して行えば良いのでしょうが、とても大仕事になってしまうので、所々の古い枝を切り落として、枝の配置を考えながら代わりの枝を誘引しました。 (ピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木バラの冬剪定

 豚もおだてりゃ木に登ると言いますが、猫はもともと木登りが得意なので、おだてなくともバラのトレリスに登ります。 にほんブログ村  例年になく作業を先延ばししていた私ですが、我が家の住人におだてられて、ようやく冬剪定を始めました。 にほんブログ村  三連休は1月にしてはとても暖かく、冬剪定にはもって…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

冬のバラ

 四季咲きバラといいながらも、普通は冬には咲きませんが、色濃くたいへん綺麗な数輪のバラが庭で咲いています。 (CLピエール・ド・ロンサール) にほんブログ村  この冬にバラが咲いている理由は二つ、一つは毎年12月に行う冬剪定をしていないこと、もう一つは気候がたいへん暖かいことです。 (ERグラハム・トーマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の軒下

 冷たい北風が吹き始める晩秋から初冬になると、軒下に大根を吊るす姿がよく目につくようになります。 にほんブログ村  当地では、葉を付けたまま数本の大根の葉の付け根付近を縄で縛り、竹棹などに振り分けて干すのが一般的です。 にほんブログ村  十日ほど干してから、爺がたくあんに漬けますが、自家製たくあん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋のバレリーナ

 バラはローズヒップが出来やすい品種と、出来にくい品種とがありますが、出来やすい品種を1本だけでも植えておくと、これまた秋に楽しみが一つ増えます。 (秋のバレリーナ) にほんブログ村  バレリーナは小輪のつるばらで、花数多く房咲きになり、満開時はたいへん見事ですが、秋のローズヒップもたいへん魅力的です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿し木

 先日、ハサミを使ってチョキチョキ、チョキチョキと片っ端から剪定した時に、知人から分けて欲しいと頼まれていたハーブとバラを挿し木しました。 (エレサレムセージの挿し穂) にほんブログ村  バラなどの挿し木の適期は、湿度と温度が影響しますが、湿度が高くて気温がそこそこある梅雨時が一番です。 (ERグラハム・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユキコさん

 我が家の住人が枝をもらってきて、挿し木して育てた「ユキコ」ですが、白色から桃色の可憐なロゼット咲きが、明るい緑色の葉の上に雪のように点在します。 にほんブログ村  枝にはトゲがほとんど無く、細くしなやかで自由に誘引ができ、大変に扱いやすいつるばらですが、育苗コーナーに5株あって広い場所を陣取っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅咲き、つるばら

 中小輪のつるばらは、大輪のつるばらや木立性のばらよりも開花時期が遅いので、ようやく咲き揃ってきました。 (アルバメディランド)  つるばらというよりも修景用バラに属しますが、つるが長く伸びるので、アーチやフェンスに絡めると、素晴らしい景観を作ります。 にほんブログ村 (バレリーナ)  とてもかわいいピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピエール・ドゥ・ロンサール

 ニャンミーブログで閲覧数が一番多いのは、4年前の「ピエール・ドゥ・ロンサールから学ぶ」というタイトルですが、そのピエールが今年も綺麗に開花しました。 にほんブログ村  ピエールはアンティーク調の大輪のツルばらで、ツルばらの中では世界でも、日本でも間違いなく一番の人気です。 にほんブログ村  香り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の庭

 先週は週に3日間、今週は4日間も飲み会なので、夕の庭仕事が出来ない日に、帰宅してから夜の庭に出てみました。 にほんブログ村  酔った勢いで夜の庭の写真を撮りましたが、Iphone6のカメラ性能はたいへんすばらしく、手持ちでもこんなに良く写るのです。 にほんブログ村  たぶん、夜の庭で写真を撮るの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開花の様子

 バラを見に来られる方から「バラ栽培は難しくてたいへんですね」と言われますが そんなに難しくはありませんし、趣味ですからたいへんではありません。 にほんブログ村  バラは黒星病で葉っぱが落ちたり、アブラムシがたくさん付いたりしますが、病気になったり、虫が付いたりするのはバラの特徴の一つです。 にほんブログ村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オープンガーデン

 早咲きのイングリッシュローズ、パットオースチンが一輪咲いて間もなく、続けざまにたくさんのバラ達が咲いてきました。 (ERパットオースチン) にほんブログ村  4月から5月の気候が暖かかったので、バラの開花もたいへん早く、本日21日(土)から前庭はオープンガーデン出来そうです。 (ERグラハムトーマス) …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more