テーマ:ビオラ

北風と太陽

 荒天の予報を受けて鉢物を軒下におきましたが、葉牡丹は雪で折れる心配があるので、スタンドからおろして奥にしまっておきました。 にほんブログ村  北風の中ではしっかり仕舞っておきますが、日中に太陽が燦々と照りつけると、葉牡丹の鉢を動かして太陽に当たるように飾ります。 にほんブログ村  「北風と太陽」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒い日

 当地のこの冬の初雪は11月20日でしたが、今週末も寒気の影響でたいへん寒く、土曜日の朝もうっすらと雪が降りました。 にほんブログ村  葉牡丹は雪の下では葉っぱを鑑賞ができないので、雪があたらない玄関の軒先に移動したほうが良いかもしれません。 にほんブログ村  ビオラの冬前の成長は雪が降るまでで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビオラビビ

先日ビオラを定植した時、プラ丸鉢に同じ種類の3株を植えましたが、少し大きいテラコッタ一鉢だけは、ビビシリーズの人気色5株を植えました。 にほんブログ村 ビビシリーズはタキイ種苗の花径2.5~3センチと見栄えのする大きさのビオラの品種で、秋から夏までの長期にわたりあふれるように花を咲かせます。 ■F1ビビ クリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定植完了

 ビオラの定植第一弾、プラ35センチ丸鉢の3株植えを完了しましたが、並べて数えてみると15鉢になりました。 にほんブログ村  一つの丸鉢に用土が約9リットル入るので、9×15=135リットル。30リットル袋2袋+25リットル袋3袋=135リットルと、収支は丁度合いました。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビオラ定植

 ビオラの植え付け適期となったので、夏の間にニチニチソウやポーチュラカを植えていた鉢を空けて定植します。 にほんブログ村  使用する用土による成長差等の危険分散のため、二種類の用土を混ぜて使いましたが、肥料は別に各鉢に定量(小さじ2杯)を加えます。 にほんブログ村  そのまま植える場合もありますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成長の差

 同じ日に黒ポットあげして育てた、ビビシリーズのレッドヴィズブロッチですが、この二つには明かに成長の差があります。 にほんブログ村  成長の違いは二株だけではなく、トレイ丸ごとすべての株の成長が悪いので、これには必ず何かの理由があるはずです。 にほんブログ村  1箇月半ほど前の黒ポットあげした…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ビオラ咲く

黒ポットのビオラがいくつか咲いてきましたが、種をまいてから二ヶ月ほどで開花が始まり、これから半年以上の長いあいだ庭を飾ってくれます。 にほんブログ村 むかしは、花径が大きいパンジーが主流で、花径が小さいビオラは単色の数種類しかありませんでしたが、競って新品種が開発されて人気になりました。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビオラ苗は順調

 ビオラをポット上げしてから三週間ほど経ちましたが、始めはもやしのように貧弱だった苗が、たいへん立派に育ってきました。 にほんブログ村  今年は雨による根腐れや暑さによる黄変、生育障害などがほとんどなく、今のところは全く順調で、ニャンミーの見守りのおかげでしょうか。 にほんブログ村  用土の中に元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

F2ビオラ

 F1同士が自然交配して発芽したF2ビオラが、早々と咲きましたが、F2には優性形質3に対して1の割合で、隠れていた劣性形質が現れます。(メンデルの第二法則「分離の法則」) にほんブログ村  市販種子の大部分はF1交配のため、異なる両親の形質のうちの優性だけが現れて劣性は隠れるので、表面上は揃った形質になります。(メン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビオラ並べる

 ビオラのポット苗を育苗棚にたくさん並べましたが、今年は残暑が少ないので、冷涼な気候を好むビオラの生育が期待されます。 にほんブログ村  先週、我が家の住人がほぼ一人でポットあげしましたが、直接日向に置いたのではとてもかわいそうなので、一週間日陰で養生しました。 にほんブログ村  まだまだ弱々…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

もやしのその後

ビオラのもやしのその後ですが、約1ヶ月間の放置プレイは終わり、いよいよ1芽ずつ黒ポットに植えなければなりません。 にほんブログ村 種類によって異なりますが、一つの苗箱から50から100株くらいはポット上げ出来るので、だいた600ポットくらい準備すれば良いでしょうか。 にほんブログ村 連接タイプの黒…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

もやし

 8月中旬に種蒔きをしましたが、芽が出たのは良いのですが、もやしのようにひょろひょろして、この後の成長が少しだけ心配です。 にほんブログ村  ビオラは25℃以上では極端に発芽が悪くなるので、気温が下がる8月下旬以降、当地では9月初旬に蒔くのが良いのは十分承知しています。 にほんブログ村  適期より…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ビオラ復活

 GW初日の4月29日に、約三分の一の高さにバッサリ切ったビオラでしたが、約1ヶ月で復活して、ほぼほぼ開花しました。 にほんブログ村  ビオラは20℃を超えると徒長して株が弱るので、切り戻しを行って管理することで長期間花を楽しむことができます。 にほんブログ村  こちらは、切り戻しが約2週間遅いビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッサリ

 私も髪が伸びてきたので、床屋さんに行かなければなりませんが、ビオラもかなり伸びたので先にバッサリと切り戻しました。 にほんブログ村  切り戻しは時期が大切で、ビオラの満開の花を見た次の日あたりに、株元からバッサリと三分の一くらいの高さにします。 にほんブログ村  ビオラを植えたままにして何もしないで愛で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

彩々

我が家に中学生はいませんが、誰かが私の白いビオラに色水を吸わせて、理科の教科書に載っていた実験を始めたようです。 にほんブログ村 ニャンミーもこの実験に参加したいようで、毛の白い部分を黄色やピンク色に染めて欲しいと寝そべって懇願しています。 にほんブログ村 白い花が彩々に染まることも不思議ですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビオラ咲く

 当地では、クリスマスローズもソメイヨシノも終わってしまいましたが、かわって鉢植えビオラが満開に咲いています。 にほんブログ村  ビオラの仲間に、同じ草姿で大輪のパンジーがありますが、我が家ではパンジーは一株も植えておりません。 にほんブログ村  随分前は、ビオラよりもパンジーが流行っていた頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガリガリ君

 ビオラ達は、雪のソフトクリームに覆われることは平気ですが、ガリガリ君の攻撃にはたいへん迷惑しています。  にほんブログ村  私自身は、ソフトクリームもガリガリ君も好きですが、厳冬のこの時期ならばビオラと同じにソフトクリームを選びます。 にほんブログ村  ビオラの上に積もった雪は、落とさずにそのままに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビオラ混合

 「ビオラ混合」という商品名の種をまいて育てたビオラから、花の大きさが2センチほどの小さめな花が咲きました。 にほんブログ村  種袋の写真には、似たような花も写っていますが、黄色や紫色の単色の花は咲かずに、うさぎタイプのパープル&イエローの花だけが揃って咲きました。 (種袋の写真) (ビオラ混合) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェイス系

 ビオラは花の中心にブロッチや様々な色が混じったり、縁取りやヒゲが入ったりすると、人やライオンの顔に見えます。 にほんブログ村  5枚の花弁のうち前面は3枚ですが、3枚の中央に色変わりの部分があれば、なんとなく左目、口、右目のフェイスに見えてしまいます。 にほんブログ村  表情豊かなビオラの花は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーキュリー

 タキイのビオラ、F1ビビエッセンスから、3色をミックスしたマーキュリーは、咲き始めは素朴ですが、最盛期には宝石箱をひっくり返したようになります。 にほんブログ村  ビビエッセンスシリーズは、暖色系を含む豊富な花色があり、組み合わせによってアンティークな印象もパステルな印象も自在に演出可能です。 にほんブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰が痛い。

 腰が痛い時は安静にしていればよいのですが、庭仕事が盛りだくさんのこの時期ですから、移動式の腰掛に座りながらビオラの定植を行いました。 (移動式の腰掛) にほんブログ村  寝方が悪いと腰を痛めることがありますが、毎晩ニャンミーが私の布団の足元に眠るので、金縛りになったように体を動かす事ができません。 (ソ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ビオラ咲く

 今年は平年よりも10日くらい種まきが遅れたので、計ったように10日くらいビオラが咲くのが遅れました。 にほんブログ村  ももかシリーズからは一種類、ソルベXPシリーズからはバイカラーの二種類が咲きましたが、どちらのシリーズも秋から晩春までコンスタントに咲き続けます。 (ソルベXPイエローデュエット)  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビオラの様子

 ビオラを黒ポット上げして約二週間経ちましたが、ひょろひょろとして貧弱だったものが、なかなか立派に育ってきました。 にほんブログ村  今まで肥料を与えていませんが、用土の中に元肥が含まれており、また、生育にちょうど良い気温が続いて、ビオラは一見順調に育っています。 にほんブログ村  よく見ると、根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポットあげ完了

 黒ポットへの土入れという、ポットあげの段取り八分は終わっていたので、雨後にビオラのポットあげをしました。 にほんブログ村  食品トレイを使ってばらまきしてありますが、根が切れないように数株まとめて抜き出して、丁寧に根を解いて1本ずつ植えます。 にほんブログ村  葉っぱはひょろひょろとして貧弱です…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

準備完了

 ビオラの種まきから約1箇月が経ち、本葉が3、4枚に成長しましたが、ポットあげに必要なグッズは先週のうちにすべて準備してあります。 にほんブログ村  用土と、連結黒ポット、トレイがあれば、だいたい作業は出来ますが、もう一つ必要なモノといえば、ポットあげに猫の手が借りられれば最高です。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優先座席

 クリスマスローズ置き場は、夏の間は強い光りが当たらないよう遮光してありますが、子供やお年寄りの植物が座れるように優先座席をあけました。 にほんブログ村  クリスマスローズは、近くにある緑色の長いすに移しましたが、長椅子には私とクリスマスローズのほかにも、時々ニャンミーが座ります。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビオラの種まき

 ビオラの種まきは多くの方がいろいろな方法で行って、育苗農家の間でも異なるようですが、花を咲かせる目的は一緒です。 にほんブログ村  ビオラの発芽適温は20℃前後なので、当地で温度調節しない場合は9月に入ってからとなり、その時期の種まきでは年内に株を充実することができません。 (クーラーボックスの中) …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

窓の外のビオラ

 冒頭にニャンミーの写真を1、2枚使って、あるような、ないような物語を作るブログのパターン。どうゆうわけか、この構成が結構うけます。 にほんブログ村  ニャンミーが窓から眺めていたのは、裏庭デッキの様子ですが、1箇月前に全カットしたビオラが見事に復活しました。 にほんブログ村  全カットから約一週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スッキリ

 余計なものがなく、気持ちよいさまを「スッキリ」と表現しますが、「スッキリ」した様子は洗練されていて、人に好感を与えます。 (ビオラ) (スッキリ) にほんブログ村  爺のビオラも、ようやくGW中にスッキリさせましたが、これでまたビオラの命が1箇月以上も長くなりました。 (爺のビオラ) (スッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反省

 毎年この時期になると同じ反省をするのですが、今年もたくさんのビオラ苗を定植しないで残してしまいました。 にほんブログ村  残った苗は、八月の暑い時期にクーラーボックスに氷をいれて種をまき、猫の手を借りて黒ポットあげした、約千のビオラ苗の二割ほどです。 にほんブログ村  丸鉢問題を解決し、頼まれていないのに親…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more