テーマ:ハーブ

建前

 近所の畑で建前が行われていましたが、ガーデン風の畑の真ん中に「東家(あずまや)」を建てて、知人や隣人がお茶を飲める憩いの場を作るそうです。 にほんブログ村  むかし「東」は、都から見て東方の「田舎」をさし、「東屋」は「田舎の粗末な家」の意味でしたが、現代では庭園の休息や眺望などのために造られます。 にほん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の花

 裏庭で秋の花が何種類か咲いていますが、秋の花といっても地方によって、人によってそれぞれ違う花が思い浮かぶでしょうか。 にほんブログ村  もっともポピュラーな秋の花は、わたし的にはコスモスですが、秋咲きのコスモスは昼間の時間が短くならないと花を咲かせないという性質があります。 (コスモス) にほんブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミステリーサークル

 サラダバーの手前通路に、緑色のミステリーサークルが現れましたが、あっという間に周辺が草取りされてハート型に変わりました。 にほんブログ村  リーフ類のこぼれ種が自然発芽したものですが、摘み取ってフレッシュサラダでおいしく頂く事が出来る葉っぱがほとんどです。 にほんブログ村  サラダのメインとなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フライパンピザ

 我が家の休日の昼食は、チャーハン、パスタに麺チャンプルーなどが定番ですが、今週は彩り豊かな夏野菜のフライパンピザが出来ました。 にほんブログ村  生地を発酵させずに短時間で作るピザで、ソースはケチャップ、バジル、クレソル、黒胡椒、ニンニクを適量生地の上で混ぜ混ぜします。 (ソース) (ナス) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

芋虫スタイル

 私のお盆休みも今日で終わりますが、宿題の自由研究は菜園の香草、イタリアンパセリに住む「キアゲハの芋虫スタイル」です。 にほんブログ村  幼虫は成長に伴って色や模様の形を変えますが、生まれたばかりの1齢、2齢はいませんが、背面の白色班と各節の橙色班が目立つ3齢がいます。 (3齢) にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーブ大好き

 ハーブ大好きの我が家ですから、当然ニャンミーもハーブが大好きで、散歩道の「キャットミント」を食べることが日課になっています。 (キャットミント) にほんブログ村  上から見ると花火が開いたような花は、同じセリ科のフェンネルと似ていますが、キュウリピクルスには「ディル」を使います。 (ディル) にほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三つ編み

 ニンニクの三つ編みをオーダーしましたが、バリバリのゴワゴワにこわばった葉っぱを編むのはかなり大変だったようです。 にほんブログ村  ニンニクを一週間前に収穫し軒下に吊るしておきましたが、梅雨の雨後のバカ暑い数日で、葉っぱがバリバリに乾いてしまいました。 にほんブログ村  一〆に使うニンニクセット…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バジル植えた。

ようやくバジルを植えましたが、バジルにもいろいろな種類があるなかで、「バジル」と呼ぶのは「スイートバジル」を指すことが多いのです。 にほんブログ村 バジルを植えるために、一週間前に場所を確保しましたが、フェンネルがはびこっていた場所の整地や耕耘は結構たいへんでした。 にほんブログ村 種から育てれば良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイブの花

 チャイブの花がたくさん咲きましたが、開花すると茎葉が固くなるので、葉っぱを使う場合はつぼみのうちに摘み取るのが良いかもしれません。 にほんブログ村  とはいいながらも、花をつけるとハチが集まり、見た目にもたいへんかわいらしいので、なかなか摘み取ることは出来ません。 にほんブログ村  花が終わった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リーフ類

 サラダバーのリーフ類がようやく元気に伸びてきましたが、そこらじゅうの植物の新緑が美しく、心地よい季節です。 (パセリとレタス類) (ルッコラ) にほんブログ村  最初に芽を出したルッコラより遅れて、イタパセ、ディル、パクチーが芽を出してきましたが、どのリーフ類も我が家の食卓にあがります。 (イ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ハーブ種

 一週間前の土曜日に、コリアンダー、ルッコラ、ディル、イタリアンパセリ、ミックスサラダの5週類のハーブ種をまきました。 (コリアンダー) にほんブログ村  コリアンダー、ディル、イタパセなどは、発芽に時間がかかりますが、アブラナ科のルッコラは発芽がたいへん早いです。 (ルッコラ) (ディル) …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

春耕

 春に田畑を耕すことを「春耕」といいますが、「春光」の中で「春耕」を一部「竣工」しました。 にほんブログ村  毎年の春耕時に堆肥を買ってすきこみますが、今年は自家製の堆肥がたくさん出来たので、これを使って耕します。 にほんブログ村  昨シーズンの鉢植えに使った土も混ぜましたが、赤玉土や腐葉土が主体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーブを食す

 休日に家周りの庭仕事をした時に、気の早いハーブが食べごろになっているのを見つけたので、昼食と夕食にハーブを食しました。  (セミドライトマトのぺペロンチーノ) にほんブログ村  塩、ニンニク、唐辛子と、シンプルな味付けのぺペロンチーのですが、夏に作っておいたセミドライトマトをたくさん使って、彩に庭の「チャービ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐辛子

 唐辛子は乾燥させるのが一番長持ちさせる方法ですが、株ごと引き抜いて軒下に吊るしたあとに、部屋の中に取り込んでおきました。 にほんブログ村  ほとんど乾燥しているので、1つ1つ摘み取るとからからと音がしますが、これ以上乾燥させる必要はないようです。 にほんブログ村  唐辛子はカレーや中華料理、エス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ターシャテューダ―展

 新春3日から、新潟三越で「ターシャ・テューダー展」を開催していたので、住人たちのアッシー、メッシーとなって出かけました。 (撮影可の庭とポスター) にほんブログ村  ターシャテューダ―はご存じのとおり、米国のバーモント州の山奥で、ガーデニングを楽しみ、92歳で亡くなるまで創作活動を続けた絵本作家です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お芽でとうございます

 あけましてお芽でとうございます。  庭も、畑も、仕事でも、自分で種をまかないと現状が変わることはありません。たくさんの種をまいて小さな芽を出し、大きく育てて楽しみたい所存です。  本年も、「ニャンミーの庭仕事」をよろしくお願いいたします。                                          …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

二度漬け

 白菜は水分が多い野菜なので、漬けると沢山の水が出て味が薄くなるので、水を捨てて二度漬けすると良いようです。 にほんブログ村  下着けは、白菜の2倍の重石を載せて3日間冷暗所に保管し、白菜全体がかぶる程度に水が上がってきたら完了です。 にほんブログ村  白菜を取り出して本漬け用の塩を少々振りますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパイシーカレー

 先回は香辛料中心で書きましたが、料理中の写真もたくさん撮ってあるので、スパイシーカレーの作り方です。 【材料、8人分】  鶏もも肉1Kg/味付けに塩コショウ少々   にんにく3片/ショウガ3片/玉ねぎ4個/油大さじ3  クミンシード小さじ2/ホールトマト400g  ターメリックパウダー小さじ2/レッドチリパウダー小さじ2…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

香辛料

 香辛料が大好きな我が家ですが、三連休の最終日には庭仕事を途中でやめて、ルーを使わないスパイスキチンカレーを私が作りました。 (タマネギ、トマトを炒めた後に塩と香辛料を加える) (参考本) にほんブログ村  我が家は普段から香辛料をたくさんそろえて使っていますが、コリアンダーのパウダーがなかったので種(実…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ハーブの整理

 赤いパイナップルセージがほぼほぼ終わりとなりますが、パイナップルセージは我が家の秋の最後の花です。 にほんブログ村  パイナップルセージは株元まで刈り取って冬を迎えますが、寒さに耐えることが出来れば、間違いなく来春には芽吹きます。 (刈り取り) にほんブログ村  パイナップルセージは草花の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エゴマ収穫

 エゴマといいながらも胡麻のなかまではなく紫蘇のなかまですが、古くて新しい作物として注目したい植物です。 にほんブログ村  山間地や湿気の多い場所など、環境や土壌をあまり選ばず、鳥獣害が少ない傾向から、荒廃地や遊休農地利用に向く作物として期待されています。 にほんブログ村  種は色によって2種類に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コキア紅葉

 こんもりとまとまった草姿が愛らしい一年草のコキアは、夏の爽やかなグリーン色が秋には真っ赤に紅葉して美しいです。 にほんブログ村  コキアの紅葉といえば、全国的には茨城県のひたち海浜公園が有名ですが、我家では裏庭の十数本のコキアが家族の中で有名です。 にほんブログ村  枯れた茎はホウキに、果実は食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100%の発芽率

 ニンニクはもともと発芽率の高い植物ですが、植えつけた種球が100%発芽するのはたいへん気持ちが良いものです。 にほんブログ村  15cm間隔の穴あき黒マルチを使って、横方向は3つ、縦方向は33列に植えたので、計算上は3×33=99芽となりますが、2芽出てきた穴があり、ジャスト100芽が発芽しました。 (一つに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福地ホワイト六片種

 福地ホワイト六片種は、日本一のニンニク生産量を誇る青森県の旧福地村で栽培されているニンニクの品種のひとつです。 (福地ホワイト六片種) にほんブログ村  雪のような美しい白さから「福地ホワイト」と名付けられ、日本を代表する最高級品のブランドのニンニクで、一玉の粒数は名前のとおり平均的に六片です。 (六片…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

秋の花

 「彼岸花」は全国でたくさんの異名がありますが、地獄花、幽霊花、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)、捨子花(すてごばな)など、良い名前はありません。 にほんブログ村  「サルビア・エレガンス」は葉っぱをこすると、爽やかな甘酸っぱい香りがするため、パイナップルセージと呼ばれ、秋の最後に咲く花です。 に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芋虫、閲覧注意!

 芋虫大好きな私ですが、見た目が気持ち悪いので絶対に無理ですという人は、これから先の映像を見てはいけません。 にほんブログ村  コキアに群がる芋虫は、ヨモギエダシャクの幼虫で、淡緑色から褐色のシャクトリムシには背面に一対の小さな突起があります。 【次の映像は、特に閲覧注意です。】 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

樹海

 「青木ヶ原樹海は一歩入ると出られない」という俗説がありますが、近くにはキャンプ場や公園などがある観光地で、案内看板も数多くあるそうです。 (樹海の心霊?) にほんブログ村  ニャンミーの庭のコキア樹海には、近くにラベンダーやブラックベリーが植えてあり、遊歩道はありますが案内看板はありません。 にほん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ほおづき

 その実の赤くふっくらした様子から頬(ほお)を連想した名前ですが、「づき」は「顔つき」、「目つき」、「胸騒ぎの腰つき」の「つき」かもしれません。 にほんブログ村  ホホ(蝥、カメムシの類)という虫がつくからだという説もありますが、しばしば群生するカメムシには、ホオヅキカメムシの名前があります。 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カールドン

 アーティチョーク近縁のカールドンですが、Wikipediaのアーティチョークを調べると、間違ってカールドンの写真が使われています。 (カナブン) にほんブログ村  カールドンはアーティチョークの原種といわれますが、アーティチョークとの違いは、よく分枝し花が小さく、ガクが薄く尖っていることなどです。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ラベンダー収穫

 ラベンダーの開花期は、即ち、待ちに待った収穫期で、咲かせておく時間はとても少なく、香りが最も良くなる時期は開花直前という話もあります。 にほんブログ村  早めに収穫するメリットは、香りが良いことだけではなく、株の体力消耗を防ぐことでもあり、品種によってはさらに次の花が咲きやすくなります。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more