テーマ:料理

訳ありハクサイ

 今年最後の白菜漬けを作りましたが、無農薬の白菜はハムシやヨトウムシに食べられているので、食害の葉っぱを取り除くと半分ほどになります。 にほんブログ村  白菜1個の重さは平均的には3キロといいますが、訳あり白菜の重さは2キロ秤がオーバーフロー(EEEE)するものもありますが1キロ台が多いです。 にほんブログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たくあん

 たくあんは、漬けてから1ヶ月位から食べられるといいますが、二週間目でも一本食べてみましたが、この浅漬け感が好きだという人もいます。 にほんブログ村  沢庵漬けは、水が上がるか上がらないかが成否の分かれ目で心配ですが、一週間でバッチリと水が上がってきたので、重石を半分に減らしました。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蒟蒻芋の保存

 蒟蒻芋は、生子(きご)から食べられる大きさに育つまでに3年間かかりますが、寒さに弱いので秋に掘り上げて保存し、初夏に植え直すことを繰り返します。 にほんブログ村  秋に収穫してから4回コンニャクを作ったので、3年玉のうち半分を使って残りが4個、2年玉と1年玉と生子は凍らないように保存します。 にほんブログ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

沢庵漬

ピエールドロンサールの軒下に、細めの大根30本を天日干ししておきましたが、二週間でだいぶ水分が抜けたので沢庵漬けを作ります。 にほんブログ村 沢庵を漬けるためには、何といってもって米ぬかが必要となりますが、月に一度の精米のついでに袋にいっぱい持って帰りました。 にほんブログ村 干し大根と米ぬかの他には…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

最後の赤蕪

 今年最後の赤蕪を収穫しましたが、もうなくなったかと思うほど消費が早かったので、来年は倍の面積で育てます。 にほんブログ村  赤蕪はいつも甘酢漬けにしますが、皮のまま漬けて一緒に食べるので、タワシを使って泥を綺麗に落とします。 にほんブログ村  「温海かぶ」は泥を落とすと外は赤紫色で、甘酢漬にする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャベツか?

キャベツがたくさん並んでいるように見えますが、本物のキャベツかどうかは、この写真から判断することが出来ません。 にほんブログ村 一緒に並べと一目瞭然で、キャベツに比べて径は1/5くらい、体積は径の三乗に比例するので1/125くらいでしょうか。 にほんブログ村 芽キャベツは、一般的なキャベツのように主軸…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ロマネスコ

 16世紀からイタリアにあった野菜だそうですから、「ロマネスコ」からブロッコリーやカリフラワーが作られたということになります。(諸説あり) にほんブログ村  ロマネスコも、ブロッコリーも、カリフラワーも芸能人と同様に「葉が命」で、たくさんの大きな葉っぱによって花蕾が大きく育ちます。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大根収獲

 大きく育った爺の大根を心配して収穫しましたが、収穫時期が遅くなると大きくなりすぎて、中にスが空いてしまいます。 にほんブログ村  大根畑の半分は、まだ暑い時期(8月20日頃)に種を播いたので、90日後の11月20日頃が収穫適期です。 にほんブログ村  残りの二畝は10日くらい遅く種を播いたので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柚子を使う

 柚子を収穫しましたが、そのものがメインになることは少ないものの、様々な料理の引き立て役として欠かせない食材です。 にほんブログ村  柚子はたくさんなる年と、少ししかならない年とが交互に現れる気がしますが、今年は「裏年」らしく昨年よりもだいぶ収量が少ないです。 にほんブログ村  昔から捨てるところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

干し柿の途中

 冬が近づくとともに、干し柿がどんどんといい色になってきましたが、同じ日に干した柿でも色合いが違います。 にほんブログ村  干し柿を作る途中で柿を揉むと良いといいますが、色が濃いほうは揉んだ柿で、明るく薄い色の柿は揉んでいません。 (揉んだ柿) にほんブログ村  柿を吊るしてから一週間くらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野菜調達

 長雨や台風の影響による野菜の高値が続いているといいますが、畑から一週間分の野菜を調達して、勝手口に揃えることは毎週末の私の仕事です。 にほんブログ村  大根はおでんやふろふき大根、ばら肉との煮物や大根おろしなどに使いますが、一週間に3本もあれば十分でしょう。 にほんブログ村  長ネギは鍋の材料、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫キャベツ

 表面は、はっと目を引くひときわ鮮やかな紫ですが、切った断面の葉脈の白と紫のコントラストは、まるで芸術の如くです。 にほんブログ村  ザワークラフト(酢漬け)を作るようですが、生をそのままサラダにのせて混ぜるだけでも、華やかさがワンランクアップします。 にほんブログ村  キャベツは一年中スーパーに…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

白菜漬け

 白菜漬けを作りますが、半日くらい日に当てて干すことで余分な水分が取り除かれ、白菜の甘味と旨みが引き出されるといいます。 にほんブログ村  塩の量が重要となりますが、白菜の半割りを2つ計って全体を7,356グラムと推定し、4パーセントの300グラムと決めました。 (白菜の重さの推定値) (塩の量の計算値)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自家製青汁

芽キャベツとプチベールの葉っぱを切り取りましたが、たいへん立派な葉っぱなので、そのまま何もしないのはMOTTAINAIです。 にほんブログ村 MOTTAINAIというのは、捨てるのもそうですが、それよりもブログ記事にしないのはMOTTAINAIという意味で、両方のために自家製青汁を作ります。 にほんブログ村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平核無柿

 たいらで種がない平核無柿(ひらたねなしがき)は新潟原産で、「八珍柿」(新潟)、「庄内柿」(山形)、「紀の川柿」(和歌山)、「おけさ柿」(佐渡島)などとも呼ばれています。 (さわし柿を並べる) にほんブログ村  毎年、爺が渋を抜いた「さわし柿」をたくさん食べますが、我が家の住人は今年こそ「干し柿」を作ろうと挑戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鷹の爪

 長さ5、6センチの先がとがった唐辛子は「鷹の爪」と呼ばれますが、本当の鷹の爪は見たことがないものの、たぶんこの形に似ているのでしょう。 にほんブログ村  収穫した唐辛子は、青いものは生で使い、赤いものは枝につけたまま乾燥させて一味唐辛子の「鷹の爪」として使います。 にほんブログ村  カプサイシン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀杏

 二度の台風で落ちた銀杏を我が家の住人がせっせと拾って、日当りの良い場所で水に漬けて約10日間、銀杏の果肉が腐ってふやけています。 にほんブログ村  果肉を分離させるために長靴で軽く踏みますが、上に乗れるのは私程度の体重までの人で、私でも力いっぱい踏むと種が割れてしまします。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご馳走

毎日ステーキを食べているわけではありませんが、今晩の特別なご馳走はステーキではなく白いご飯です。 にほんブログ村 この秋から一般販売された新潟の新しい米「新之助」は、出始めは売り切れ続出で入手出来ませんでしたが、ようやく流通が安定してきました。p にほんブログ村 ついに誕生した新潟米「新之助」は、きら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅白大根

スマートな白いダイコンと、ズングリな紅いダイコンを収穫しましたが、まさに紅白ダイコンが並びました。 にほんブログ村 爺の畑で大量に栽培している大根は、いわゆる「青首大根」といわれるよく見かける大根ですが、もう少し太くして冬の間じゅう食べる野菜となります。 にほんブログ村 私の畑で、品揃えの一環とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉欠き

育ち盛りの芽キャベツとプチヴェールの葉っぱを、地際から半分くらいを欠きましたが、この葉っぱを食べるわけではありません。 にほんブログ村 どちらも葉柄の付け根から出てくる新芽を食べる野菜で、芽キャベツは2、3センチに結球し、プチヴェールは結球しません。 (芽キャベツ) (プチベール) にほんブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かぐら南蛮味噌

 たった二本しか植えていない「かぐら南蛮」から、たくさんの果実が収穫出来ましたが、緑のかぐら南蛮と赤いかぐら南蛮では辛さの味わいが違います。 にほんブログ村  一番の料理法は「かぐら南蛮味噌」で、細かく刻んで味噌、砂糖、酒とみりんを一緒に練り合わせ、弱火で加熱して作ります。 にほんブログ村  かぐら南…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芋掘り

 芋掘りといえば、秋の味覚のサツマイモの紅色を思い浮かべますが、こちらの芋掘りは何か様子が違います。 にほんブログ村  「コンニャクを作りたい」という要望を受け、ちょっと早めに掘りましたが、良く洗ってから毛むくじゃらな根っこを切り落とします。 にほんブログ村  1キロを超える大物の蒟蒻芋は、ひっく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まねぎ野菜

野菜の種は多めにまいて、生長の悪い苗を数回にわけて「まねぐ」ことが基本ですが、赤かぶと赤大根を三度「まねぎ」ました。 にほんブログ村 1度目、2度目と「まねいだ」時は、まだ葉っぱだけだったので捨てましたが、今回は赤い部分が大きく育って、捨てるにはmottainai(和製英語)です。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Princess Apple

Apple社からiPhone8が発売された次の日に、我が家のPrincess Apple(姫リンゴ)が何かに食べられて落ちていたのは、暗示かもしれません。 にほんブログ村 変則的な発売で、iPhone8は前機種よりもそれほど進化はしていませんが、11月に発売予定のXはかなりスペックアップしているようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フライパンピザ

 我が家の休日の昼食は、チャーハン、パスタに麺チャンプルーなどが定番ですが、今週は彩り豊かな夏野菜のフライパンピザが出来ました。 にほんブログ村  生地を発酵させずに短時間で作るピザで、ソースはケチャップ、バジル、クレソル、黒胡椒、ニンニクを適量生地の上で混ぜ混ぜします。 (ソース) (ナス) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

品揃え

 大根、白菜、キャベツなどのたくさん消費する定番野菜は爺に任せて、我が家の畑ではちょっとだけ欲しい秋冬野菜を育てます。 (赤大根、紅時雨) にほんブログ村  赤大根と赤カブはどちらも主に甘酢漬けで食べますが、昨年は種をまくのを忘れたので、何度か直売所まで買いに行きました。 (赤カブ、温海かぶ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三升漬け

 我が家の住人が三升漬けを作りたいので、青唐辛子200グラムのオーダーがありましたが、この時期の唐辛子から青い物を探すのは難しいです。 にほんブログ村  鷹の爪は赤い果になった頃に収穫するのが普通ですから、青唐辛子はスーパーではほとんど売っていませんが、自家栽培ならではの活用法です。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

干しトマト

今年は雨が多かったので、この光景はあまり見なかった気がしますが、9月に入って天候が回復したので、ようやくミニトマトが並びました。 にほんブログ村 外で干すのは虫やカラスなどの心配がありますが、我が家は番猫ニャンミーがいるので、人間以外には途中で食べられたことはありません。 にほんブログ村 オーブン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤しそジュース

 私は所望していませんが、我が家の住人は夏バテや疲れ時、疲れ目や花粉症にも良いといわれる赤しそジュースを作るようです。 にほんブログ村  赤しそを畑からとったり、ある程度の段取りをつけるのは私ですが、私は「しそをとる」より「虫を撮る」ほうが楽しいです。 にほんブログ村  赤しその葉っぱをちぎっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟コシヒカリ

もうすぐ、秋の収穫期となりますが、ブランド米の代表格「新潟コシヒカリ」が値下がりしており、店頭価格が低水準で推移しています。 にほんブログ村 コメの消費が減り続けるなか、2016年産の新潟産米は39年ぶりの豊作だったので供給量が増し、競合するブランド米も力をつけているからです。 にほんブログ村 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more